【今日の指針】 限る ことが創造のもと2015/05/20

【今日の指針】 限る ことが創造のもと

 限ること、禁ずる事が創造の枠組みとなる。


(蛇足) 自由にやって良い・・と言うのは、教育としては案外と成果が少ない。なんでもありは、あまり独創的な芸術を生まない。

石の彫刻家は削るだけという限定があるから、彫刻の世界を広げられる。途中で急に絵の具で目を描いたり、布を着せたりしたら、なんだか不明のがらくたが出来るだけ。

芸術のジャンルってのは、ある意味で「限定」であって、枠組の中で創造空間を広げていくものだ。

最近は「コラボ」とか言って、枠組み外そうとしたり、まぜこぜをしたりするのが流行っているけど、石を掘るのが難しい所だけ絵の具で目をかくような安易なのも少なくない。

限定された創造空間を使い尽くして、極まったアーティストだけが、高次の限定空間にいける筈。初心者には「こらぼ」は出来ない。

子ども達のための木のクラフト教室とかやっているけど、自然の木をくみあわせるだけで描いたり彫ったりしない。その限定でかえって、面白いものをつくりだしてくれる。

うちの木工は自然の木を形を残して、接着剤とか釘とかネジは使わないという限定をしている。苦労するけど、奇妙な発明にはつながる。

【今朝の言葉】 朝一番の時間2015/05/20

【今朝の言葉】 朝一番の時間

 朝一番の好調な時間を何に使うかで人生が決まる。

(蛇足) 朝一番、起きて少したった時間帯は体調万全、脳の働きもしっかりしてます。この時間を何に使うか。

画業に励めば、良い絵描きになるし、文筆に励めば文学者になれるかもしれません。家業に励めば、一家安泰、悪事を企てる時間にすれば一流の極悪人にななれるでしょう。

まあ、朝は ぼやーっとしていると言う人。朝一番というか、自分の一番調子の良い時間を何に使うかで人生が決まると言うことです。疲れた状態でやっても趣味の範囲を出られない。

朝一番、お掃除洗濯が楽しい・・ってのも、一流の家事ができるし、朝は草刈り・・なら、作物豊穣。

「朝一番が調子が良いんだけど、通勤電車にすしづめ一時間、スマホだけ。」なんて人は、まあ給料はきちんと頂けるのでしょう。

お前は、何しているか・・って。いろいろ、毎日変わります。こんなの書いているのは大抵朝です。

【今日の言葉】 いったん、下手になるものさ・・・2014/01/22

【今日の言葉】 いったん、下手になるものさ・・・

 いったん、下手になるものさ・・・進歩の証なんだよ・・。

(蛇足)

 楽器の練習なんかしていると、一度完璧に出来た事が、いったん失敗ばかりするようになる事があります。こらえて、練習続けると、今度は本当に間違えなくなります。他の分野でも同じです。知恵熱とでも言うのでしょうか。進歩の途中で必ず後退があるものです。

 いろいろ理由は考えられるけど、下手になるのはさらに新しい事を学んだあとに後退がある事があります。四拍子の練習して完璧になった後に、三拍子とか習うと、脳がそれとの比較で混乱するのです。慣れた頭に新規の学者が混乱を与えるのです。

そこで、より大きな「大きな事の中で、今はこうなんだ」との脳の回路がつくられて、古いものも新しいものも習得して、必用に応じて切り替えができるようになるのです。

歳をとって、記憶が衰えるように見えるのは脳神経の減少もありますが、それと共に知識が増えたので、その中から選び出す力がより必用になるからだとも言えます。

その他、心に「疑い」が生じる事も一度下手になる理由のひとつです。疑いは、より深い理解への必需品ですので、下手になった時に、よくよく初めに戻り再度見直す事も先に進む重要な手段です。

ここらの、発達心理学、発達教育学・・個人の学習にも、社会集団単位の意識発達にも心得ておくべき事なのでしょう。

下手になった時に、やめる事が多いのでしょうが、先に進んでいる証として歓迎すべき事なのでしょう。

【今日の言葉】 何事も消えるためにやれば良い2014/01/09

【今日の言葉】 何事も消えるためにやれば良い

 何事も、消えるために、やれば良い・・。

(蛇足) 連携 協働 支援 ・・・いろいろ流行の用語があるね。・・・とは何かなんて議論ばかりしたりして。でも、どんなものも、その概念が消えていくように行動するのが正しいんだ。 

連携なんて、もともと離れているから繋がらないといけない・・だから、連携なんかしないでも良いように職務分野を埋め尽くしていけば良い。埋まって充実したら連携なんてなくなる。

支援なんて、支援と被支援者の区別があるから支援が成り立つ。その間がうまり平等になれば、そんな概念はなくなり普通の生活だけがある。

良くかんがえてみれば、法だって国家だって、目的を果たせばなくなっていくもの。

芸術をなくしていくための芸術
言葉をなくしていくための言葉
教育をなくしていくための教育

さて、何をなくすようにしようかな・・・

【今日のことば】思想と学問2014/01/04

【今日の言葉】思想と学問

 好き、嫌い・・を外せば学問になる。好き、嫌い・・のうちは思想。

(蛇足)

右翼・左翼とか、なんとか主義ってのは「良い・悪い」ではなく、「好き・嫌い」の問題。 好き・嫌いを外して 正しい・間違い の結論を目指すのが学問。学者は嫌いなものも、好きなものも研究するものです。

【今日の言葉】任せる2014/01/02

【今日の言葉】任せる

任せる・・という事をしなければ、何もできないのは明白だ。自分の体さえ、歩くのは足に任せている。心臓や自律神経や免疫系にたくさんの事をまかせて、自分はいきている。自分のやれる事はほんの僅かだ。

(蛇足)例えばピアノを弾くにも、細かい所は指に任せて、うた・・は呼吸に任せて、自分は指揮者の役割をして全身を動かしています。 任せきりだと時々間違える事もありますがね・・・

諦めるなら最初に2014/01/02

【今日の言葉】諦めるなら最初に

 諦めるなら早いうち、できたら始める前にしたら良い。

(蛇足)

Never give up ! とか言って、粘り強く生きるのも、それは良い事。でも、妙な思想の罠に捕まったりしていたら、諦めが遅いのは人生の無駄だったり、人の迷惑だったり、危害となる。

何か障碍があるなら、とっとと諦めて別の方面に向かうのも選択のひとつ。特に邪魔者、反対者が障害となるなら、それはその人に任せて、とっとと撤退・・

何の障害も、反対者もなく ひとりどんどん進む分野ってある。誰も相手にしない荒野の開拓みたいな事は諦める必用はない。それこそ、天職・・・神の与えた仕事なのかも知れない。

誰も手に付けない分野でのびのびと仕事しよう・・・気がないと言われる世代もそんな事考えているのかも知れない。

【7月のご挨拶】なだらかに変わるもの・突然かわるもの2013/07/08

【7月のご挨拶】なだらかに変わるもの・突然かわるもの

 7月のいつの日に 急に夏になるのか・・・梅雨から夏に

 春は少しずつやってきます。雪の中に春のきざしをみつけながらも、ちょっとずつ春に近づきます。特に日本では。

 でも、夏は。 突然ある日、ある朝、夏になる。いきなりの青空とくっきり雲、そして風。 夏はきっぱり、くっきりやってきます。7月の頁をめくると、その日がいつかと想います。

地球上の現象には、すこしずつ、ゆっくり変わっていくことと、いきなりくっきり変わることがあります。どちらも地球の回転・・きわめて安定した礎の上の現象です。

でも、大気の性質、大地の起伏、生き物の化学特性・・そんなものから変化曲線が表象されるのでしょうか。

世の変化もきっと、確実に回ってく礎の上で、ゆっくり変わるものと、くっきり変わるものが表象されるのでしょう。

確実な動きをいつも覚えて、急にくる季節をみつけたいですね。

(蛇足) いつも月の最初の日に書く、季節の挨拶ですが、こんな日になってしまいました。季節の挨拶は、文学と科学をつなぐという課題を設けて書いています。また来月・・。