【今日の言葉】 大学いったって・・2015/05/20

【今日の言葉】 大学いったって・・

小学校に通っても、長い人生の中で学べる量は少し。
 でも、図鑑を見る方法と習慣を身につけられる。


高校行ったって、そんなに多くを経験できるわけではない。
 でも、分からない時に友達と議論する方法を覚えられる。


大学行ったって、そんなに多くを学べるわけではない。
 ただ、学術雑誌を調べる方法と読み方を身につけられる。


【蛇足】 長い人生で必要な知識は膨大で、学校で学べるのはほんの少しです。学校の勉強でたりるわけでなく、学校での知識しか使えないとしたら、むしろ狭隘さという弊害になるかも。

小学校の図書館にある図鑑とか事典って凄い知識量があって、必要な時にしらべられば、博識の先生と同じだ。

高校で、グループ活動とか調査活動とか友達とすれば、分からないことや、困難に誰かと協力して立ち向かう方法が身につけられる。それだけでも、一生仕事するのに不便はないかも。

大学で、論文もどきを書かされて、引用文献なんて真似事を一度しておけば、知識の源泉がテレビや新聞だけでなく、図書館の奥にしまわれていることがわかる。それだけで、世界を改革する知識を探しだせる。

あれ・・中学はないの・・・と・・・中学は、悪いことして勉強おやすみする時期です。知識なんてもの以外の世界があることを学ぶためにね・・・。


そうすると、仲間がいて、図書館があれば、学校いかなくて平気なのかも・・・

            も/あ

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://microcosmos.asablo.jp/blog/2015/05/20/7637642/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。