全体から考える 唯識論より2013/09/18

人間は誤り、悩み、間違いをおかす。それは、ものごとをばらばらに見て、ばらばらに行動するからである。他人の存在を考えず、自分の事だけ、仲間の事だけ考えれば、小は喧嘩から、大は国際紛争までひきおこす。思考が分断して、とぎれとぎれになれば、正しく考える事ができずに誤りや悩みの中に苦しむ。

そんなばらばらのままの状態を唯識では「偏計所執性」(へんげしょしゅうじょう)と言う。なんの繋がりもなく、人々がばらばらに勝手に好きな事をしている無政府状態のような世界である。

人は、成長にしたがい、ものの「つながり」をみつけていく。原因と結果が結びつけていく。盗めば、罰を受け、思いやりをかければ、恩を受ける・・・「あれがあれば、これがある」・・因果応報の世界を経験して社会性を獲得していく。つながりを見つけて、求めていく世界、思考法を唯識では「衣他起性」(えたきしょう)と呼んでいる。

最近は、何と何のコラボレーションとか言って、分野をこえて交流する事が流行っている。また、絆や連携とか協働と言った言葉で、様々な主体が共に事業を行う事なども盛んである。海・山・川の連携学とか、既存学問を組み合わせたり情報交換をする事も熱心に行われている。・・・でも、唯識からすれば、これらはすべて「迷妄」である。

つながりを考える事は、分断された存在を所与のものとする前提がある。悟りの世界からすれば、世界はひとつで円成な存在であるから、つながりを求める事自体が迷妄そのものなのである。行政と市民の協働とか、公と民の連携とか聞こえは良いが、公務員という身分を保守する前提、民間企業の論理を頑なに維持する前提の上で繋がりをもとめようとする。もともと行政の市民も、おなじ人という根源状態から、適宜に必用に応じて仕事を分任して来たに過ぎない。協働そものが、迷妄の上塗りなのである。

クラシック音楽と、日本音楽のコラボレーションとか、何と何のフュージョンとか、異業種の芸術ジャンルの共演が流行で、なにか新しいものを生み出しているような錯覚に陥っているようであるが、もともと音楽に区切りなどない。音をだして何かをするという単純な共通性からは、もともと「なんでもあり」が芸術の筈である。

協働や共演によって新しいものが創造されていくなら、分断された存在は本来消滅していくものだ。長い芸術の歴史の中では、何かと何かが出会って新しいジャンルができ、その前のものは発展的消滅して来た。振り返ってみれば、すべてはもともとひとつ・・なのである。

このような、「もともとひとつ」、ひとつの根源から物事を辿り直す思考を唯識ては「円性実性」と呼んでいる。たったひとりの未分化な人間社会から、大きくなるにしたがい、だんだんに専門が別れ、知識が増えて学問分野が分けられてきた筈だ。音を出す・・そして楽しんだり、何かに用いたりする曖昧な世界から、だんだんと技能が洗練されジャンル化されてきた。哲学や宗教や技能から始まった知識活動が「学問」として細分されてきた。あまりに分断が進んで、根源をまるで忘れてしまうようになった。そしてあらゆる迷妄が生まれてきた。下社会問題の大半は、そんな迷妄の枝葉に過ぎない。

現代の知性の流行は、どうも「衣他起性」の世界で進んでいる。政治も、学問も、芸術も、人々の暮らしも、つながりを求める事に熱中して、壮大な迷妄に陥っている。衣他起性の世界から、円性実性世界へのシフトは、「悟り」そのものであるとされるので、そうたやすい事ではないのだろう。論者のように、悟りの世界からは遠い存在には、円性実性の世界は、理屈の上でふと垣間見るだけの世界だが、知識の方法として採用する事はできる。

円性実性の世界から、物事を見たであろう思想家は少なくない。自分の知っている範囲でも、ルネッサンス期キリスト教哲学者の「ニコラウス・クザーヌス」やの三才報徳金毛録にみられる「二宮金治郎」や、安藤昌益など
を紹介する事ができる。いずれも円の思想からはじまる世界を全体として捉える絶対的な立場に到達している。しかし、その弟子や後継者などは、残念ながら、その円性実性の世界を理解しきれていないらしく、衣他起性の思考でそれを理解してしまっている。

21世紀は、唯識の世紀だ・・とか吹聴する研究者もいるが、全体思考が世紀の難問を解決するだろうとの思いからすれば、誇大妄想でもないだろう。戦争、いじめ、差別、格差、貧困・・あらゆる社会問題を解いていくだう基礎的思考が円性実性、全体思考である。それだけ、人々が偏計所執性の世界で苦しみ、衣他起性の世界で無駄を繰り返していると言う事だろう。唯識論には、それだけの価値はある。他の全体思考の哲学も同様だ。

円性実性の思考が、有効に働くのは、環境学や、福祉、教育、社会問題などの分野だろう。老人福祉と子どもの福祉が連携して・・・と実行してみれば、ただの昔の社会で普通に行われていた事。海と山をつないで、環境活動を進めれば、塔達するのは昔の普通の自然の姿だ。

不生不滅 不増不減 ・・・否定の哲学、大乗仏教の哲学がみつめる先は、円性実性の悟りの世界である。唯識の哲学は複雑で重層的だが、エッセンスとして、円性実性の世界と、その前段階のふたつの世界のありようだけでも、思考の方法論としてもってもらいたい。

自分が人の話すと、多くの人とどこかで対話が途切れてしまうが、円性実性の世界から物事を出発できるかどうかの違いかも知れない。ぜひ、唯識論のエッセンスを学んで、全体思考を身につけて、世の難問を解決する仕事をしてもらいたいと思う。

クザヌスや金次郎の全体思考については、また別に解説したい。

8月のお終いの御挨拶2013/09/18

暑い夏でした。ちょうど、煮えたぎる鍋の湯のような夏だったと思える程・・。ちょうど「乱流」のようでした。 

暑さで、何も出来なかったと思いつつ・・・、振り返ると案外と数多くの事が起きているのが、夏ではないでしょうか。

人生の出来事と気温ともちろん無関係ではないでしょう。氷から水、そして水蒸気へ・・温度のものさしのある点で、相の転移がおこります。

低温では、じっとしている水も、特定温度から渦が出来て、やがて「乱流」となります。夏の入道雲、洪水の水流、みな乱流です。

 夏の自然現象の激しい変化も、変動幅の大きい気象状況も、高温ゆえの「乱流」状態がもたらすものです。さらなる温度上昇に対して、乱流の状態を経て、やがて乱流が崩壊する均一相に移行します。

 生命は、この乱流の中で出来たとする学者がいます。大きな流れの中に、一時それに逆らう小さい乱流が出来、それが泡となり、細胞となり、生命の起源となったのではないか。多少乱雑な理論ですが、頷ける所もあります。

海水の巨大な流れである海流も所々に乱流ができ、予測不可能な動きをみせます。日頃、認識してないでしょうが、私達の生活はこの海や大気の乱流に配されています。

 異なる流れの接する場所は、生物にとって好ましい所です。黒潮と親潮の交わる海域が最高の漁場であることは、良く知られています。流れと流れのぶつがる所は、生命活動が活発な所と言っても良いでしょう。

いや、大きな渦の中の小さな渦が生命そのものかも知れません。

 暑い夏でした。でも、人生で意味ある出来事がおきるのが夏。旅に出て、見知らぬ世界や人に出逢う・・。ひとり過ごして、内面世界とであう・・。 

 暑い夏の夜には、不思議な夢をみるものです。それは、まるで心の中にも、乱流が出来て、あらゆる過去、あらゆる知識の断片が、掻き回されるようでもあります。

 その夢のうちに内面での出会いと別れを準備している事も。夏の太陽がもらたす、大きな乱流は、ひとりひとりの内面世界にも乱流を用意しているのでしょうか。

表面で変わらないように見える海も、深層部分では、乱流の塊と塊の出会いのドラマがあります。夏は、乱流塊のぶつかる季節でした。

もうすぐ、秋です。長い夏休みで離れていた日常の仲間に再開する人もいるでしょう。その時、夏の心の乱流の記憶をふと想い出してください。

夏の乱流がもらたした心の魂の成長がある事を。人は数分でも、違う方向を見て、違う場に立てば、もう違う乱流の世界で、自らの魂の世界を展開しているのです。

「塊」と「魂」、流れの塊と、心の魂の字が似ているのは、偶然ではないのかも。

  夏の風は嵐の風 
  たたかいの風  
  憎しみと愛の混じる風  
  濁り さわがしく   
  そして、  
  すべてを育てる豊かな風

     四季の風 より「夏」    

秋に向かって、乱流はゆっくりした定常流なっていきます。

その安定への過渡期に、夏の乱流の心世界の成果を、しっかりと実らせたいものです。  

【蛇足】 

またまた、月に一回の美文調・疑似科学的な意味不明な編集長の御挨拶でした。

なんだか空っぽのもです。・・まあ、 たまには空虚な文もお許しを。

え、いつも空虚だって・・・まあ程度の問題・・・・。

数年前のご挨拶の修正再掲です。

ミクロコスモス編集長 森谷昭一

【今日の言葉】 数理人生学 数値評価2013/09/25

【今日の言葉】 数理人生学 数値評価 

 100の善行と99の悪事を行った人間がいたとしよう。君は100の善行を評価するかね。99の悪事を非難するかね。それとも、100-99=1 の1を評価するかい。

 僕は100+99=199 を評価したいね。だいたい善悪の評価なんて、時とともにころころ変わるもんだ。行動の絶対値が大切だよ・・。

(蛇足解説)

 う~ん。難しい所ですね。特に歴史上の政治家を評価する時などは難しい。大抵善行50パーセント、悪事50パーセントに近くて、引き算した絶対値は低いくなりますね。偉大な人物は、善行も悪事も多いものです。

とりあえず、人物を全体として捉えるのは大切な事です。最近は合計値が10だろうと、500だろうと、1の悪事や過失があれば、全面否定しまいがちです。

行動の絶対値が小さい程良い・・そんな考えもありますね。地球環境にとっては、人間存在そもののが悪・・とも考えられますから。