理解力のフィルター 限界2012/08/22

馬鹿の壁」と言うあられもない書名の本が養老孟司さんにあった。喧嘩になりそうな言い方なので、自分は「理解力のフィルター」「知的範囲の限界」とか呼んでいる。

養老さんの書物は、自分の理解力の限界を超えたものを、人は馬鹿だと思う・・そんな趣旨だった。知的範囲の限界を超えたものを、人は敵視するか、拒否するか、無視するか、そもそも感じ取る事すら出来ない。そして、理解力の限界はフィルターの網目となって、知識が移動していく事を妨げる。

「理解力の限界」と言う概念を使うと、身近な事を良く理解できる。ちっとも進まない議論、繰り返しばかりの会議、いくら言っても何も出来ない行政、暖簾に腕押しの人物・・・。大きな所では、いじめ、縦割り行政、国際間紛争、差別、魔女狩り・・・理解力の限界・境界付近で様々な事がおきている。

第三者として、かみあわない議論や紛争をみていれば、理解力の限界を冷静に観察もできるが、この限界ばかりは自己認識がきわめて困難なので、個として限界の外に出ることはほぼ不可能だ。

「ちっとも分かってくれないな・・」「こりゃ、駄目だ・・」、「話にならない・・」、そんな言葉で、理解力の限界からは遠ざかるしかないのだろうか。喧嘩にならない範囲で、理解力の限界どうしは、ある程度引き離しておくのも戦略ではある。

「理解力を高めるしかない、それは教育だ。広報だ。」理解力向上戦略の名のもとに、様々な教育・・・学校教育から、種々のキャンペーン、布教、洗脳まで、様々な名の下に知的範囲拡大作戦は繰り広げられる。しかし、これも広い視点でみれば、知識の境界線づくりに荷担してしまう。

理解力を向上させるには・・・知識を増やしても効果はあまりない。知恵とでもいうべき思考方法の構造破壊・脱構築・・でもするとかないのだろう。若い頃にとても難解な哲学書を開いてみたり、現代音楽を無理矢理聞き込んでみたり・・理解できないものに挑戦する時期が誰にもある。そんな時が、限界に挑んでいる時なのだろうか。

年齢・世代、民族・国家、職業・専門、経験・感性、・・・それらは、どんな「壁・限界」によって成立していくのだろう。限界・壁を崩壊させる方法はあるのか・・。

「知識単位学」と言う学問をつくろうと思っている。ライフワークなのかも知れない。知識の限界によって構成される様々な「知識単位」を示していくのは、初めに書いた、様々な社会問題を解決していくために有効だろう・・そんな思いもある。

自分はどんな理解力の限界をもつか、理解力のフィルターで何をこし分けているか。時々反省して見ると良い。FBのコメントなど観察するのも、理解力のフィルターを研究するには、とても良い材料だ。

理解力の限界を少しでも破壊するには、どうしたら良いか・・あまり方策はない。「諦めない事」くらいなのでろうか。

ここまで、読んで頂けた方の理解力に感謝するとともに、さらに高い理解力の持ち主に限界を教えてもらいたいとも思う。

編集長

短編SF 残暑見舞い2012/08/28

短編SF

 残暑見舞い・・

「残暑見舞い・・・暑い日々ですが・・秋の気配が感じられる・」

 と葉書に書きつつ、外を見た。秋の気配が本当にあるのか・・挨拶と言え、嘘書く訳にはいかんし・・・」

そう思い三太郎は窓から木立を見た。確かにツクツクボウシも鳴いてはいるが、ニイニイゼミや、クマゼミも相変わらず鳴き続けている。なんかおかしい・・・蝉たちが季節を忘れてしまったか。

そのまま、9月も半ばになった。気温は30度から下らず、蝉も鳴き続けた。不思議なのは、それらに混じってホトトギスやらカッコーやらが遠くから聞こえてくる。

「季節崩壊・・・」そんな言葉が思い浮かんだ。悪夢なのか・・・しかし、部屋はしっかり空調が効いて快適である。悪夢なら覚める事もあるだろう。そう思い三太郎は、快適な寝室でぐっすり眠った。

次の日、目覚めると、外は雪景色だった。夏の青葉のままの木々は雪に埋もれている。雪の上に蝉達がばらばらと落ちて死んでいる。カエデは色づく事なく、凍り付いている。

三太郎は、狂ったように外に飛び出そうとした。この奇妙な景色や季節の原因を知りたかったのだ。でも、居住空間からは自動ドアが閉まって出られない。三太郎は、骨董品の鉄アレイを窓にぶつけてたたき割った。そして外に出た。

・・・そこは、乾燥した石ころばかりの荒野だった。奇妙に風が吹き、風力の羽やら地熱発電やら、広大なバイオ発酵のエネルギー工場が広がっていた。後ろを見た。自分が快適に暮らしていた居住地は、巨大なスクリーンに取り囲まれたドーナツ状の巨大装置だった。ここに、すべての人類は閉じ込められ、青空も季節の移り変わりも季節もバーチャルとして人々に示される。もう本物の生き物に触れた事のない世代が増えたから、多少いい加減な自然でも見破る者は、もういなかった。

「おい、4s8ie 区域の 旧人類系のやつが、外に飛び出してしまったぞ。」

居住空間コントロールセンターの係員が言った。

「ありゃ、また古い季節感を残余しているやつが、なんか気づいて、飛び出したか・・・」

同僚の係員は

「゛ありゃ、いけない。季節コントロールプログラム、一カ所間違えた・・。これじゃ、春と夏のいきものが、混ざったしまう。」

「どうする、飛び出したやつ。」

「ほっとけ、もうすぐ、強風が吹くから、飛ばされて死ぬしかないよ。」


22世紀になって、地球は「居住空間」と呼ばれる人類か済む閉鎖空間と、外の環境に完全に分離されていた。環境負荷を遙かに超える人口を養うには、風力、太陽光、水力、地熱・・・バイオ・・あらゆる「自然エネルギー」が繰り出された。地球温暖化・・というより乱流拡大現象は、21世紀の半ばに、海水中からの莫大な二酸化炭素が放出により、破局的に働き、竹の類とフナクイムシの突然変異体を残して生存できなくなった。

人類は、エネルギーさえあれば、生き延びられる持続可能な閉鎖系を頑丈に作り上げた。宇宙船地球号として、それは地球から浮かんだ形でへばりついていた。人々の暮らしは、そのまま、いや、バーチャル化、情報化を高度に進めて、季節も、すべての生き物も遺伝情報として精細に記録して残した。

文化遺産もあらゆる古文書も、スキャンして記録装置に保存された。破局に至る直前の地球上のあるゆる動植物から土壌・海水中まで巨大スキャナーで記録され、「自然遺産」としてデジタルに保存された。そのデジタル情報を人々は操作して、季節を味わい、歴史発見をして、自然と親しむ活動をした。微細な所では、情報は不完全だったが、それを感じ取る自然感覚をもつ者は少数だった。それを残余したやつが、時々、居住空間から飛び出して、自殺状態で淘汰されていった。

カレンダーを見て、残暑見舞いを出す。・・・そんな慣習でしか、人々は季節を味わう事はできない。鋭敏な季節感覚などもてば、飛び出して抹殺されるしかない、この時代の地球なのだ。